株式投資初心者のためのデイトレード&スイングトレード
■先輩トレーダーの失敗談

●絶対に負ける方法

私の方法は行き当たりばったりで、情報もネット上のものを掻い摘んで、上がりそうだと感じたものに投資するという、絶対に負ける法則で投資をしていたので、教えられるものはなにもありません。
失敗談は数限りなくあるのですが、結局、その他大勢の負け方ですから、今更話をしても皆様の有益な情報になり得ないと思います。仕方ないので、株をやり始めたときから、今までの負けトレーダーのこれまでの話をしたいと思います。

私は今から8年前に株式投資をやり始めました。
その当時は働き始めたばかりだったのですが、給料がかなり良かったので、自己資金の半分以上を投資に費やしました。勝ったときもありましたが、結局大きく負け、塩漬け状態の株も持つことになりました。
(当時の塩漬け銘柄はスクウェア、現在スクウェア・エニックスでした。)

負けた金額としては評価損も含めて200万円は超えていました。
投資を始めて2年で嫌気がさし、相場から一旦手を引きました。
そして、相場とは関係がないのですが、パチンコで儲けられないかとパチンコ台の調子やリアルタイムの出玉グラフを調べ上げ、ある一定の法則を見つけ出しました。これで稼げると思ったのもつかの間、新台の規定が変更され、プログラムが大幅に変わり、今までの常識が通用しなくなりました。結局、パチンコでも、70万円くらいの負けを被りました。
暫くして、今度は先物市場にチャレンジし始めました。
50万円の元手を100万円にまで、一気に膨らませましたが、あっという間に、元手もなくなる始末。結局、これにも手を引き、1年くらい何もしない日々を過ごしました。

そして、今から2年前、ある取引先の方からデイトレードの本をもらいました。
そして、新興市場のことを知り、デイトレードでいけるかどうかわからないが、やってみる価値があるのではないかと考えるようになりました。
しかし、デイトレードは先物市場と似たところがあり、値動きが激しいものを扱うため、仕事をしながらパソコンに張り付くのは
無理ではないのか・・・とも、思っていました。

取り敢えず、今まで、野村證券しか口座を開いていなかったところを、この本のおかげでイートレード証券やマネックス証券の口座を開くようになり、環境を整え始めたのです。そして、デイトレードを少し行ってみたところ、案の定、パソコンから離れた瞬間に暴落し、大きく損失を出してしまい、結局、無理だという結論に達しました。
しかし、この本から得られた情報の中に、新規公開株の話が載っていました。

新規公開株・・・、ブックビルディングにより、抽選にて公募価格で株を手に入れ、公開と同時に値が跳ね上がったところで、売却し、利益を得る。
抽選で選ばれる確率は低いものの、当たればほぼ確実に利益が得られる・・・・これだ!と思いました。確実ではないもののやってみる価値があると思い始め、
証券会社の口座をさらに増やし始めました。大和証券、松井証券、楽天証券、ライブドア証券の4社を追加で開設しました。

実際に資金をあてがったのはイートレード証券、マネックス証券、野村證券、大和証券、松井証券でした。もくろみはあたり、
松井証券で120万円、大和証券で30万円、マネックス証券で3万円、野村證券で8万円程度の利益をたたき出しました。
そして、その利益を、今まで塩漬けにしていた株を売却し、確定申告し、評価損と相殺させ、去年度はプラスで折り返すことができました。ただし、株式上は・・・です。

実は、それと平行してワラントに手を染め始めていました。少ない金額でハイリスクハイリターン・・・。
何の法則も持たなかった頃ですから、勝ったり負けたりしていました。
で、結局は去年度の株式上の利益はワラントの損でチャラとなってしまいました。
今年に入ってからは全く駄目です。
あのライブドア事件による影響も少なからず受けました。

結局、ライブドア事件によって、トレンドが変わり、ワラントで得られた利益も、すべて消え、むしろ、マイナスになってしまいました。
最後に大きな賭にでてしまいました。新規公開株の急激な値上がりを求めて、初値に手を出し、その後一気に暴落して、莫大な損失を出してしまったのです。
細かい計算はしていないのですが、ワラントも含めて、ざっと130万円くらいマイナスではないでしょうか。

この新規公開株の莫大な損失により、もう、これ以上、不確かな情報で曖昧な感覚で決定し、取引することはできない、と思い始め、何か勉強する価値のあるものはないか、と調べ始めたのです。
ネット上をくまなく調べました。うさんくさい情報が多く、信用できそうなものはほとんど見あたりませんでした。値段が高すぎるものも問題で、得られた情報が紙くずだった場合を考えると手を出せませんでした。
私は若い頃、教材の詐欺で50万円ほど被害にあったことがあるので、物凄く他人の情報に対しても懐疑的だったのです。

その最中、日本株短期売買研究会を見つけたのです。
見つけたときはホームページの出来が今ひとつな上に、ありきたりの文句も見られたので、これも怪しい集団かもしれないと思いました。しかし、値段が手頃だったことと、なんかまともなことも言っているような気がしてきたため、ま、お金をドブに捨てたと思って、思い切って購入に踏み切ったのです。
(失礼な話ですが、実際の気持ちです。すみません。)
勉強していくうちに、これは使えるかもしれないと思うようになりました。また、机上で実践をしてみるうちに、不安が解消されていきました。これは正しい、そう思うようになりました。
それでも、やり始めた1,2ヶ月はうまくいきませんでした。
なぜなら、下降トレンドから保ち合いに移行し、上昇トレンドに変化する真っ直中だったからです。
200万円の資金から一時は180万円台にまで下がってしまいました。
これでは駄目だと思い再度勉強し直し、もう一度、チャートを見直し、そして、ついに一勝目を勝ち取りました。
プラス13万円。190万円台に戻したのです。
たった1回のトレードで。この一勝は価値がありました。

この方法が確かなものであるという確信と、それを実行した自分自身の決断に対して、自信を持つことができたからです。
その後、さらに勉強し、今、fchatで短期、中期、長期移動平均線がすべて上昇している東証一部の銘柄を検索し(約400銘柄ヒット)、すべて目を通し、使えそうな銘柄を絞り込み(71銘柄)、さらに、今すぐにトライすべき銘柄をピックアップして(約5銘柄)、仕掛けています。今後、成果が上がるかどうかはわかりませんが、頑張っていこうと思います。

(ハミルトンさん)



株式投資初心者のためのデイトレード&スイングトレードTOP


【個人投資家のための投資レポート】
『個人投資家の失敗から学ぶ 〜株式投資・先物取引で成功する極意〜』

個人投資家が株式投資や先物取引、FX等で成功するには自らの経験から学ぶことも大切ですが、 他者の失敗を分析し、無駄な失敗を回避することも重要です。 本レポートは数年をかけて実在する個人投資家の方からご寄稿頂いた 「貴重な失敗談」を元に編集した投資レポートです。 愚者は自分の経験から学び、賢者は他者の経験から学ぶといいます。 彼らの失敗を学ぶことにより、あなたはこれから直面するかもしれない 大きなリスクを回避し、不要な失敗を避けるようにしましょう。 現在、この【個人投資家のための投資レポート】を無料で公開中です。
ご希望の方は下記からダウンロードしてご自由にお読みください。 (投資レポートはPDFファイルです。)
↓ ↓ ↓
【個人投資家のための投資レポート】 『個人投資家の失敗から学ぶ 〜株式投資・先物取引で成功する極意〜』

■ 株式投資初心者・中級者向けの株式投資成功の秘訣
 
■ デイトレード初心者向けの27種類のデイトレード手法
 
■ 初心者向けのデイトレード〜スイングトレードまで短期売買株式投資手法解説

■ デイトレ初心者のためのデイトレード手法解説。

■ 株のスイングトレード手法解説。

■ 長期株式投資成功のための投資戦略

■ 株初心者のための株レポートと株情報

■ ネット株の成功マニュアル

■ 株の基礎、株の手法

■ 株式投資の失敗談


Copyright 2008〜 ファーストアドバンテージ有限会社. All rights reserved.